荒天の七ツ釜
c0111299_12214495.jpg


心象的な風景が続きましたので、今回は岩礁に打ち付ける波の写真です。

これ、台風の翌日の写真なので、夏場に出す予定でしたが、

ちょっと目先を変えるために早めのアップです。

アルカスイスという蛇腹の4×5判のカメラで撮ったのですが、

蛇腹が風にあおられてぶれないようにするのが大変でした。

でも4×5判のカメラって撮るの大変ですが、結構満足度は高いですね。

暗幕かぶって、大まかにピンとあわせて、

構図決めて(天地左右が逆です(^_^;))、ルーペでピントあわせて、

シャッタースピードと絞りを決めて、フィルムの入ったケースを入れて、

レンズのシャッターを閉じて、(これ忘れるとフィルムケースの遮光版を外した時に露光してしまう)

フィルムケースの遮光版を外して、レンズのシャッターをセットして、

レリーズ持ってシャッターチャンスを待つ。って感じですかね。

その間に日がかげったりして露出が変われば調整しつつ。

なので、ほとんど一発撮り。

このときも確か4カットくらいしか撮っていなかったと思います。

重いカメラと三脚をかついで夜明け前から出かけて、4カット!!

自分でもあきれますね。

ちなみにこの写真、ノートリミングです。

・ARCA-SWISS 4×5
Symmar 5.6/240
・FUJICHROME Vervia
[PR]
by tachi_ken | 2008-04-21 12:54 |
<< 海際の情景 きらめく海2 >>